--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.19 *




あの夏の公園で
君が笑っていた事

その瞬間が
今でも此処に在るみたいだ



君に会いたくて
駆けつけた日も

僕が泣いてたから
傍に居てくれた君も

今でも忘れられずに
覚えているよ


君は言ったね
「あたしが傍にいるから
何時でもあなたの処へとんでいくから
この先もずっと見守っているから」




今でも君は僕の傍で
僕を見ててくれていますか?

僕の隣で笑っていますか?




僕と出会ってからの君を
思い出すと
君は笑っているから

それだけで出会えた事に意味があったって
思えるのです




今も未来も
この一瞬一瞬も
君が居たから在りえる世界で

この世界で僕はこれからも
笑って泣いて
生きていこうと思うのです


君が居た世界を
君からの愛を

今でもこれからも
覚えているよ



スポンサーサイト
2012.07.05 愛しの




君を傍に置いておきたくて

今日は何が食べたい?
寒くはないかい?



君に僕はどう見えているんだろう?


僕が居なくても君は平気かな
僕が居なくても君は
生きていけるのかな?



暖かい掌
君を包むのは
僕しかないないなんて
自意識過剰なのかな



君は悲しい時
ちゃんと泣けるのかな?
嬉しかったら
笑ってくれるのかな?


君が怒ったら
僕は少し悲しいけど
それでもまた君の頭を撫でて
愛してるよって呟くんだ


いつか別れが
来る事なんて
君と出会った日から
分かってはいたんだけど


君は僕と過ごした日々を
忘れないでいてくれるかな?
僕と出会えて
君は幸せだったかな?



君は僕に愛してるって
言葉にしてはくれないけど
君が僕の存在を認めてくれてるなら
僕はそれだけで幸せなんだ





2011.06.02 …



僕の音を聞いて
狂って
笑って

君の音を聞かせて
泣いて
笑うから


右手と左手
重なって割れる

君の音と僕の音
重なって
何時か離れて

愛を知って
孤独とご対面

またねと告げる度に
さよならが近くなる


僕の言葉で
繋いで
嵌めて

君の言葉で
放して
紡いで



君を愛して
僕を愛して



2011.05.31 だいすきな君



だいじょうぶ

また会える

また 笑える



きみは手をひろげて

あたしに「おいで」って

まっててくれる


2011.05.16 おやすみなさい




あなたを好きになってもいいですか?


あなたの腕の中でまた
眠りに墜ちてもいいですか?





頭撫でて
あなたの声で

あなたの音で


これからも眠れたら幸せなのに



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。